お腹周りに効果のあるダイエット

お腹周りのお肉が気になってダイエットを始めたという方も多いのではないでしょうか?

しかしなかなか思うようにお腹周りのお肉を落とすことができずに頭を抱えている方も少なくないはずです。そこで今回はお腹周りに効果のあるダイエット法についてまとめてみました。

是非効果的にダイエットを進めて、理想のボディラインを手に入れましょう。

有酸素運動を筋トレを組み合わせて行うことが大切

お腹周りが気になる方はお腹周りだけのエクササイズではなく、有酸素運動と筋トレを組み合わせながら上手にお腹周りの脂肪を燃焼させていくことが大切です。ポッコリおなかの原因は姿勢の歪みや便秘なども上げられますが、多くはお腹についた皮下脂肪が原因といわれています。

皮下脂肪を減らしていくには日々消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要がありますが、生活習慣の乱れや加齢により代謝が落ちているとなかなかカロリーを消費していくことはできません。

そのため筋トレを行って筋力をつけ、代謝を上げたうえで、カロリーを消費しやすい有酸素運動を取り入れることで効果的にカロリーを消費し、皮下脂肪を燃焼させることができるのです。

有酸素運動はジョギングやスイミング、慣れていない方は通勤・通学までのウォーキングなどでもOKです。

 

インナーマッスルを鍛えていく

お腹周りをすっきりさせるにはインナーマッスルを鍛えていくことがとても重要です。

インナーマッスルを鍛えることで内臓を正しい位置に整えたり、骨盤を正しい位置に戻し、下っ腹のお肉をすっきりさせていくことができます。またインナーマッスルを鍛えれば代謝も上がり、脂肪も燃焼しやすくなりますよ。

そのためにはドローインと呼ばれるエクササイズがおすすめです。

背筋を伸ばして立ち、お腹に手を添えお腹を膨らますように大きくゆっくり息を吸っていきます。

そして限界まで吸ったら今度はゆっくりと息を吐いてお腹をへこませていきましょう。

限界まで息を吐ききったところで数秒キープし、元の状態に戻します。このエクササイズのほかにもバランスボールを使ってお尻を乗せ、バランスをとるだけでもインナーマッスルを鍛えていくことができますよ。

 

バランスの良い食事を続けることが大事

無理な食事制限はリバウンドの原因につながるのでおすすめできません。そして肉中心の食事や油っぽい食事などは便秘を引き起こし、ポッコリおなかの原因にもなります。

そのため1日3食バランスの取れた食事を心がけ、便秘気味の方は食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖も食事に取り入れていきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA