ダイエット食品はお腹がすく

多くの方がダイエット中にはダイエット食品を利用して効果的にカロリーセーブを行っていますが、ダイエット食品は意外とお腹もすきやすくついつい食べ過ぎてしまい、かえってカロリーオーバーになるようなこともあるかもしれません。

そこで今回はダイエット中にお腹がすいてしまった場合の対処法や、ダイエット中におすすめの食べ物について調べてみました。

是非普段食べ過ぎが気になる方は試してみてくださいね。

 

ダイエット中お腹が空いたときの対処法

ダイエット食品を食べて空腹を感じてしまった時にできる対処法を紹介します。

 

1.ガムを噛む

空腹を感じてしまった時にすぐできる対処法の1つはガムをかむ方法です。ガムを噛むことによって満腹中枢が刺激され、満腹感を得ることができます。ただしガムを選ぶ際はおいしさだけで選ぶと糖分が高く、噛んでいるだけで虫歯になりやすくなってしまうこともあります。

ここで大切なのはよく噛むことで、甘みを感じることではないため、シュガーレスのものやキシリトールのものを選んでたくさん噛むことに集中していきましょう。

 

2.おなかがすく前に食べる

完全におなかがすいてしまってからダイエット食品を食べても満腹感を得ることができず、かえって胃腸が刺激されて空腹をさらに促してしまうこともあります。

そのためお腹がすく前にダイエット食品を入れて、急激な血糖値の上昇を避けることも空腹を感じないためには大切です。

 

3.お風呂に入って体を温める

胃腸を温めると感覚が鈍くなるため空腹を感じにくくなります。食べ過ぎ防止のために食事の前にお風呂に入ることも効果的です。

 

4.水分をたくさんとる

水分をたくさんとることで胃腸を膨らませて満腹感を得ることができます。またダイエット食品の中には水を吸って膨らむ効果のあるものもあるので、合わせて飲むことでさらに満腹感を得ることもできます。

 

お腹がすいたときに食べてもOKな食品

お腹がすいたときに食べてもOKな食品とは豆腐、味噌汁、バナナなどがあります。

豆腐は1丁当たり150kcalで温めて食べたり、アレンジ方法によって飽きなく食べることができます。

イソフラボンも豊富で乱れた女性ホルモンを整える効果もあり、満足感も得ることができるので時間をかけてゆっくり食べましょう。

味噌汁は、水分も同時に取ることもでき、さらに野菜や豆腐などもたくさん入れて栄養不足も補いながら満足感を得ることができます。

便秘解消にも効果的で、ポッコリお腹に悩んでいる方にもおすすめですよ。

バナナは1本あたりのカロリーも非常に少なく、さらに水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維がバランスよく配合されています。

ポッコリおなかの原因の一つが便秘でもあるため、毎日バナナを食生活に取り入れていくこともおすすめです。

コメントを残す

CAPTCHA